包茎って治るの?

そもそもその包茎は病気なの?

実は、包茎には色々な種類があるのをご存知でしょうか。そして、その中には直す必要の無いものもあります。「仮性包茎」というものがそれにあたり、日本人男性には一般的な症状でもあります。本来であれば自然に皮が剥けるものとは言われていますが、完全に亀頭が見えないものもこれに含まれます。この場合、皮を自分で剥くことが出来るので、お風呂で丁寧によく洗えば問題ありません。また、女性が気にすると思い、気に病んでいる男性も多いと思いますが、実のところ、そんなに気にする女性は多くありません。女性が自分の胸の大きさを過度に気にすることに似ているかもしれません。身体的なコンプレックスは、重度のものでない限り、障害にならない場合がほとんどですよ。
ただし、「真正包茎」や「カントン包茎」といった、包皮を自分で剥くことが出来ない状況であれば、手術を必要とする場合がありますので、その場合は泌尿器科に相談された方が良いかと思います。

それでも気になるなら、手術という選択もある

男性は思ったよりも繊細な生き物。一つのことが気になってしまうあまり、異性へのアプローチに自信が無くなることもあるでしょう。そういう場合は、思い切って、専門の形成外科に行ってみることをオススメします。外科手術については、もし仮性包茎なら公的な保険の適用外になってしまうでしょうが、専門の分野の先生に頼むことが出来れば、安心感もありますし、さんざん悩んで自分で選択したクリニックなら、きっと満足出来ると思います。実際に手術までいかなくても、状態を見て、手術の必要無しと判断してもらうこともありますし、包茎治療の相談だけなら専門のダイヤルを用意しているところもあるようです。
一生に一度の選択なので、後悔の無い選択をして下さいね。